肺がんと病院

最初に受診する病院

もし、あなたの身に、肺がんではないかと疑われるような症状が出たとしたら、あなたは最初にどのような医療機関に向かうでしょうか?


インターネットなどで万全に情報を集め、がん治療で有名な医師や施設を訪ねる……という方法もありますが、まずは、身近な“かかりつけ”の医師や医院で診てもらうのがよいのではないでしょうか。かかりつけのお医者さんなら、気軽に診てもらえ、不安な時も比較的相談がしやすいという大きなメリットがあります。


その後、がん治療で著名な病院や、専門的で高度な治療を受けられる医療機関などでの受診を希望している場合も、かかりつけ医に紹介状を書いてもらって受診すれば、事前にある程度の情報を携えて受診することになるため、より的確に素早く診察や検査が受けられることが期待できます。


しかし、かかりつけの医師がおらず、紹介状などもない状況で病院を選ぼうとするならば、やはり前述のように、ネットなどで調べて受診をすることになるでしょう。 その場合も、“名医”といった、医師個人だけに着目するのではなく、医療チームとしての能力、病院全体としての能力はどうか、といった目で医療機関を選ぶことも大切です。


肺がんに限らず、近年の医療は、さまざまな角度から、多くの知見を集めて取り組むことが求められ、特に「がん」といった大きな病では、狭い診療科目の垣根を超えた治療や協力が必要です。そこで、広い意味でのクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を支える層の厚い医療スタッフがそろっているかどうか、といった面などからも見極める目を持っていただきたいと考えます。