肺がんと病院

セカンドオピニオン

もし、肺がんであるとの診断が下され、担当医から受けた病気の説明や治療方針に納得がいかない場合には、他の医師の意見を聞いてみたいと考えるかもしれません。この“第二の意見”のことを「セカンドオピニオン」といいます。


セカンドオピニオンを希望する場合には、最初に診察を受けた医師に紹介状を書いてもらい、患者自身が意見を聞きたいと望む病院を受診することになります。また近年、がん治療に積極的に取り組んでいる病院の中には「セカンドオピニオン外来」といった科目を設けている病院も増えていますので、そうした窓口を訪れるのもよいでしょう。


ただし、セカンドオピニオンを望む場合には、漫然と“違う話を聞きたい”というのではなく、最初の医師から示された診断や治療法に対して、他の治療法はないのか、診断は間違っていないのかを確認したいといった、明確な理由や目的を持ち、受診すべきでしょう。


そしてそのためには、セカンドオピニオンを受ける方ご自身も、最初に受けた診断や治療法などについて十分に理解しているなど、肺がんについての基本的な知識を有している必要があるといえます。


ただ、セカンドオピニオンを求める場合に注意しなければならないのは、あまり長くの時間をかけすぎない、ということです。セカンドオピニオンの受診先をじっくり選んだり、複数の意見を聞いたりすることに熱心であるあまりに、時間をかけすぎると、肺がんはどんどんと進行してしまうからです。 肺がんは、なるべく早期に発見をし、迅速に治療を開始することが、時には、セカンドオピニオンを求めるよりも重要である場合もあるのです。