肺がんと病院

肺がんの治療費

がん治療は、がんの種類や進行状況によって治療内容や方法が違うため、その費用は個々のケースでかなり異なります。例えば、がんの種類による違いを見てみると、「小細胞肺がん」の場合は、早期のがんであっても抗がん剤での治療が中心となるのに対して、「非小細胞がん」では、早期ならば外科的治療や放射線治療がまず検討の第一候補となり、抗がん剤治療は再発予防の補助的なものなどになる――といった違いが生まれます。


ただ、きわめて大まか、かつ端的に言うならば、費用は150万~200万円程度はかかるというのが実情のようです。初期の肺がんで治療日数がそれほど長くない場合でも、治療費は100万円程度はかかる場合が多く、進行した肺がんとなると、抗がん剤の投与や切除手術などを行った場合には、200万円以上の治療費となることもあります。


また、レーザー治療などの先進医療を受けた場合には、自己負担分は300万円超となる場合もあり、かなりの高額となることが予想されます。


この他、入院中にはさまざまな検査を受けることになりますし、食事代や差額ベッド代、テレビのレンタル料などといった費用も、入院期間が長引けば、相当の額に上ることもあり得ますので、肺がん治療の際には、費用に関しても十分に考慮しておく必要があります。


なお、がんのように治療費が高額になる疾病の場合は、高額医療制度や医療費控除制度といった公的な補助があります。お近くの役所で相談することができますので、こうした制度を積極的に活用しましょう。また、生命保険やがん保険などを契約している場合は、契約内容を確認するなど、保険会社と連絡を取り話し合うことも大切です。