肺がんの治療

肺がんの外科療法

肺がんの治療法には、大きく「外科療法」、「放射線療法」、抗がん剤による「化学療法」の3種類があります。ここではまず、「外科療法」についてご紹介します。


外科療法とは、肺がんの進行度がⅠ期・Ⅱ期の早期の場合に行われる切除手術で、一般に、「肺葉切除」か「一側肺全切除術」が行われます。 肺葉切除は、がんに侵されている肺葉(右肺は上葉、中葉、下葉と分かれ、左肺は上葉、下葉とに分かれ、これら各ブロックを肺葉と呼びます)の部分のみを切除します。


これに対して、一側肺全切除術は、がんに侵された片側の肺を全部摘出する手術となります。 また、がんが周辺のリンパ節に転移している場合には、リンパ節を切除する手術を行います。これを「リンパ節郭清(かくせい)」といいます。


がんの種類が非小細胞がんである場合は、通常であればI期~IIIA期の一部が手術の対象となりますが、心臓や肺に機能障害がある時は手術ができない場合があります。また小細胞がんの場合は、切除手術を行うことは極めてまれです。


肺がんの切除手術は多くの場合、胸を大きく切開し、肋骨を切り外してがんを切除します。この方法は、手術としては大がかりで、患者の負担も小さくありません。 これに対して、近年は、胸に2~3cmの穴を開け、ここから胸腔鏡や機器を入れて手術を行う「胸腔鏡手術」という手術法も多く行われます。この手術法は、手術の傷口が小さく患者の負担も少ない上、回復も早いというメリットがあります。