肺がんの治療

肺がんのレーザー治療

肺がん治療では近年、レーザー光線を照射してがんを死滅させる「レーザー療法」が注目されています。


レーザー療法は、気管支の内腔に発生した肺門型の肺がんに対して行うことができる治療法です。病期が0期というごく初期の段階で、腫瘍の大きさが2cm以内であるときに行うことができるなど、利用できる条件は限られているものの、1㎝以下のがんであれば完治する確率は90%以上であるともいわれる治療法です。


レーザー療法には大きく「腫瘍焼灼法」と「光線力学的治療法(PDT)」というふたつの方法があります。 腫瘍焼灼法は、内視鏡にレーザー照射装置を取り付けた器具を使って、高出力レーザーの熱エネルギーによってがんを焼き切る治療方法です。


一方、光線力学的治療法(PDT)は、光感受性物質というがん細胞に集まりやすく、がん細胞を殺す性質のある物質を事前に静脈注射した上で、がん細胞にレーザーを照射する治療法です。腫瘍焼灼法に比べてかなり少ないエネルギー量で行うことができ、がん周辺の正常な細胞をほとんど傷つけることなく治療できるという利点があります。


レーザー療法は、肺に対するダメージが少なく、患者に与える負担や影響も他の治療法よりも少ないため、高齢の患者や体力的に弱い患者にも行うことができ、副作用や後遺症が起こりにくいというメリットがあります。 しかし、肺がんとしてはごく一部の、初期の段階でしか使うことができず、また治療できる医療機関が少ないという問題もある治療法です。