肺がんの検査

画像診断系の検査

肺がんの検査方法にはさまざまなものがあります。まず、X線写真や胸部CT・造影CT、MRI検査など、画像診断系の検査方法をご紹介します。


肺がんの検査において、最初に行う検査のひとつが「胸部X線写真」の撮影です。単純なX線写真では、確認すべき肺臓のかなりの部分が骨や心臓、血管などの臓器に隠れてしまうため、この検査だけで十分な情報を得ることは困難ですが、手軽に行え、撮影時間も短いという利点があるほか、肺野型の肺がんの場合は、効果的に早期発見ができる検査法といえます。


CT(コンピュータ断層撮影)によって、体を輪切りにした画像を撮影することで、平面的なX線写真ではとらえることのできない体内の状況をより詳しく見ることが可能です。近年は、「ヘリカルCT」が登場したことによって体内をらせん状に撮影することが可能となり、より見落としの少ない、正確な診断を実現します。


さらに、がんがリンパ節や肺以外の臓器に転移していないかを確認するため、造影剤を点滴しながら撮影する「造影CT」の検査を行います。


CTに似た検査方法として、磁気を利用した画像診断の方法に、「Magnetic Resonance Imaging(MRI:核磁気共鳴画像診断法)検査」があります。ただし、心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方や脳動脈瘤のクリッピング手術を受けた人などは、MRI検査を受けることはできません。 MRI検査も造影CTの検査と同様、通常は、肺がんそのものではなく、肺がんの転移がないかを調べる検査として使われます。