肺がんの検査

その他の検査

肺がんの検査には、画像診断系や腫瘍マーカー・骨シンチグラフィー以外にも多様な検査手法があります。そのうちの主なもの(気管支鏡検査、胸腔鏡、細胞診、経被肺生検)を、以下にご紹介します。


局所麻酔を行い、直径6mm程度のファイバーを鼻や口から挿入し、気管支の中を観察する検査方法を「気管支鏡検査」といいます。この技術を活用することで、病変からの検体の採取や異物除去、レーザー照射などの治療が可能となります。また、通常の気管支鏡よりも細い極細径気管支鏡という器具もあり、この器具の場合は肺の末梢まで入れて観察することができます。


「胸腔鏡」という検査では、高性能化・小型化したCCDカメラを利用して、胸を大きく切開することなく胸腔内の検査や治療を行うことができます。通常は1cmくらいの皮膚切開を3ヵ所に行い、1ヵ所からカメラを、他の2ヵ所からは検査や治療の器具を挿入して必要な処置を行います。


確定診断の一種である「細胞診」の中には、痰に含まれる剥がれた細胞(喀痰細胞診)や、剥がしてきた細胞(擦過細胞診)、針を刺して吸引してきた細胞(吸引細胞診)をパパニコロー染色という方法で染めて顕微鏡で見る方法があります。喀痰細胞診検査では肺門型の肺がんが効果的に発見でき、早期発見にも役立っています。


胸部X線や超音波検査によって肺に病変が確認された場合、X線や超音波エコーで透視をしながら皮膚・筋肉・胸膜を注射で局所麻酔して病変部を少量切り取り、これを検体として病理診・細胞診や細菌検査を行う、という検査方法があります。これを「経被肺生検」といいます。