肺がんの生存率

肺がんの生存率

肺がんに限らず、がんの生存率は、年齢や合併症の有無といったさまざまな要素に影響され、本来、一律に数値を示し得るものではありません。従って、肺がんの種類や病期別の生存率を以下にご紹介しますが、これらはあくまでも、極めて大まかな目安であるものとお考えください。


まず、「非小細胞肺がん」で、比較的予後が良好な場合、治療開始から5年間生存する割合(5年生存率)は、病期I期(IA、IB)の段階で手術をした場合で70%、病期II期(IIA、IIB)であれば50%と見込まれ、病期IIIA期に至って手術をした場合の5年生存率は25%と考えられます。


またIII期でも、手術が適切ではなく、放射線療法と化学療法による治療が行われた場合、2年生存率では40~50%を確保するものの、5年生存率となると15~20%にまで低下。IV期に至った場合は、1年生存率が50~60%(化学療法を受けた場合)程度と考えられます。


一方、肺がんの中でも悪性度の高い「小細胞がん」では、限局型の場合で、放射線療法と化学療法による治療での2年生存率が50%程度と考えられており、3年生存率では約30%に下がり、5年間生存する割合となると25%程度に低下するものと考えられています。 また、進展型では、化学療法を受けた場合の3年生存率が10%程度とされています。


繰り返しになりますが、上記は統計上での平均的数字であり、個々の症例にあてはまるものではないことをご承知おきください。 また予後は、がんが肺の中に止まっているか、他の臓器などにも広がっているかといった、がんのタイプや病期、患者の身体状況などによって大きく変わります。