肺がんの症状

肺がんの初期症状

肺がんの初期症状は病巣のできる部位によって異なり、大きくは「肺門型」と「肺野型」によって変わってきます。(この2つの型については、『肺門型と肺野型』のページでもご説明しています)


肺門型は気管支の近辺にできるがんであり、症状も出やすく、咳や痰(血痰)、発熱など、風邪に似た症状や、息切れ、声のかれ、ぜーぜーといった喘息のような呼吸などの症状がよくみられます。また喫煙者の場合には、タバコを吸った際に、極端に苦しい咳が出ることがあります。


風邪にしては長期間なかなか治らず、乾いた咳がいつまでも続いたり、痰が強くからんだりする場合には、肺がんの可能性を疑い、病院で検査することをお勧めします。


一方、肺野型では、多くの場合、初期段階での自覚的な症状はほとんどありません。肺門部とは異なり、肺野部という肺の奥の方の領域には感覚神経がないため、病巣の存在に気付かない間にがんが進行してしまうのです。ある程度、病状が進んだ段階になると、胸痛が現れる場合があります。これは肺がんが胸壁を侵し始め、胸水がたまったりするに現れる症状で、この頃には、疲労感や食欲不振、体重減少といった症状がみられる場合もあります。


一般的に、肺がんは初期症状が分かりにくい疾病であるといわれており、自覚的な症状が現れる頃には、相当程度がんが進行している場合が少なくありません。 それだけに、自覚症状に頼らず、早期にがんを発見するためにも、日頃からの検診や人間ドックなどでの検査がきわめて重要なのです。