肺がんの病期(ステージ)

非小細胞肺がんの病期

肺がん症状の進行度を客観的に区分したものを、肺がんの病期(ステージ)といいます。非小細胞肺がんの病期は、以下のように、潜伏期から0~IV期に分類されます。 潜伏期=がん細胞が痰の中からは見つかるものの、病巣がどこにあるかは分からない、非常に早期の段階。


0期=がんは肺だけに限定されており、気管支を覆う細胞層の一部のみにある早期の段階。 IA期=がんは原発巣にとどまり、大きさは3cm以下で、リンパ節や他の臓器への転移は認められない段階。


IB期=がんは原発巣にとどまり、大きさは3cmを超えるものの、リンパ節や他の臓器には転移が認められない段階。 IIA期=原発巣のがんの大きさは3cm以下で、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節には転移が認められるものの、他の臓器には認められない段階。


IIB期=原発巣のがんの大きさは3cmを超え、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節にがんの転移を認められるものの、他の臓器には転移を認めない段階。あるいは、原発巣のがんが肺を覆っている胸膜・胸壁に直接及んでいるが、リンパ節や他の臓器には転移が認められない段階。 IIIA期=原発巣のがんが直接胸膜・胸壁に拡がっているが、転移は原発巣と同じ側の肺門リンパ節まで、または縦隔(心臓や食道のある部分)のリンパ節に認められるものの、他の臓器には転移を認められない段階。


IIIB期=原発巣のがんが直接縦隔に拡がっているか、あるいは、胸膜へ転移している/胸水がたまっている/原発巣と反対側の縦隔や首のつけ根のリンパ節に転移している、などの症状が見られるが、他の臓器への転移は認められない段階。 IV期=肺以外の、脳や肝臓、骨、副腎などの臓器に転移がある段階。