肺がんの種類

肺門型と肺野型

肺がんは、病巣のできる部位やがん細胞の形態により、いくつかの種類に分けることができます。 発生部位による分類としては、大きく「肺門型」と「肺野型」の2つに分けることができます。


肺門型は、気管支や肺動脈、肺静脈などが出入りする部位である肺門の近くにできたがんのことをいいます。肺門部付近は縦隔とも呼ばれる、心臓や気管、食道、太い血管など重要な器管が集まっている部位であるために、単純な胸部X線写真ではがんが発見しにくい難点があります。


肺門型は喫煙者に多く発症しやすい肺がんで、咳や痰、血痰が出たり、喘息のようなぜーぜーといった呼吸になるなど、いわゆる風邪の症状に似た初期症状を呈します。また、声が枯れる症状が現れるほか、食欲不振や激しい倦怠感にもおそわれ、徐々に痩せてくる、といった症状が見られます。


一方、肺の奥の方、肺野末梢の細気管支や肺胞などにがんが発生する肺野型の場合は、非喫煙者であっても多く発生するタイプの肺がんであり、比較的早くから単純な胸部X線写真やCT検査によって発見することができます。


しかし、肺野部には感覚神経がないため、肺門型とは異なり、自覚的な初期症状はほとんどないのが普通です。逆に言えば、何らかの異変が感じられた場合は、肺がんとしてはかなり進行した段階にある、ということができます。そこで、肺野型の肺がんは、人間ドッグや定期的ながん検診などを活用してできるだけ初期段階での発見に努めることが重要です。