肺がんの種類

非小細胞がん

肺がんをがん細胞の形態で分類する場合、大きくは「非小細胞がん」と「小細胞がん」の2つに分類されます。


このうち、非小細胞肺がんは、さらに分類され、「腺がん」、「扁平上皮がん」、「大細胞がん」などに分けられます。いずれも、早期発見によって手術を受けた場合、予後は比較的良好であることが多い反面、化学療法や放射線療法は効果が薄いという特徴を持ちます。 その他、それぞれの非小細胞肺がんは、以下のような特徴を持っています。


肺腺がんは、男性の肺がんの約40%、女性の場合の70%以上にのぼる、日本で最も発生頻度が高い肺がんです。非喫煙者である女性にも多いタイプであり、また、通常の健康診断や胸部レントゲン写真で比較的発見されやすい肺がんであるといえます。 肺腺がんは肺野型という、肺の末梢側に発生する場合がほとんどであり、進行は速いものから遅いものまでさまざまです。


肺扁平上皮がんは、気管支が肺に入ったあたりの、扁平上皮に発生するがんです。腺がんと比較して、太い気管支の部分である肺門に近い肺門型と呼ばれるがんである場合が多いがんです。喫煙による原因が指摘され、男性の肺がんの40%、女性の肺がんの15%は肺扁平上皮がんが占めています。


大細胞がんは、扁平上皮がんにも腺がんにも分類されないがんのことをいい、多くは肺の末梢にできる肺野型のがんです。通常、増殖が速く悪性であり、肺がんと診断された時には、すでに大きながんに成長していることも珍しくないといったタイプのがんです。