肺がんの転移

肺がんの転移と再発

肺がんは、基本的に転移が起こりやすい疾病であり、他の臓器がんからも転移しやすいという特徴があります。肺がんの治療が良好に経過し、がんが沈静化したように思われる場合でも、突如、数年後にがんが再発したり、転移して現れることもあります。


がんの転移とは、血液やリンパを介して、がん細胞が体内を移動することで起こる現象です。肺には、血液を通して、身体の隅々にまで酸素を行き渡らせる役割があるため、ここに発生する肺がんは、血液を介して他の臓器に転移する可能性が高いといえます。実際、肺がんはリンパ節や骨、脳などに転移する例が多く、時には骨髄に転移することも珍しくありません。


また、早期に発見され、がんの腫瘍を速やかに根治したと考えられる肺がんの場合でも、再発率は約10~20%程度に達するとされます。 一般に、再発したり転移したりして発症した肺がんは、進行が早く、治療も困難である場合が多いとされます。


なぜなら、再発した場合の肺がんは、それまでのがん治療で使用していた抗がん剤に対して耐性のある、強いがん細胞となっており、それまでに使用していた抗がん剤は効かない場合があるからです。そのため、再発をした肺がんに対しては、それまでとは異なる抗がん剤を用いたり、がん腫瘍の切除手術や放射線療法を検討したりすることになります。


肺がんに限らず、がんの再発予防にとって重要なことは、常に再発と転移に気を付け、観察を怠らないことです。リスクを感じる方は、医師の指示通りに経過観察を行い、定期的に検査を受けることを心がけましょう。